MUI

思い描くユーザーインターフェイス

『文系UIへのいざない』を書きました

2020年2月29日に参加予定だった技術書典8に合わせて『文系UIへのいざない』という同人誌を書きました。 技術書典に合わせて書きましたが、技術書とは呼べないかもしれません。本の形でユーザーインターフェイスを思い描く試みです。電子書籍データのみのDL版もあります。販売中なので、興味があればぜひご利用ください。 文系UIとは 『文系野球』という言葉をご存知だろうか。文系野球とは、野球をプレイするのではなく本を読んで楽しむ野球のことである。(……)思えばユーザーインターフェイス(UI)についても、デザインするのではなく、それに関する文章を読む楽しみ方もあると気がついた。 本書『序』より 世の中にはたくさんのユーザーインターフェイスに関する読み物があります。古典や良書と呼ばれるクラシックな本からトレンドを取り上げた雑誌、ブログやツイートも。UIデザインの仕事をプレイとすれば、これらの読み物はUIの文系といえます。そういうわけで、UIという技術について縦書きのテキストを書いてみることにしました。 三つのテーマ 『名と呪』、『バーチャルとリアリティ』、『自慢と勧誘』という三つのテーマに分けて書きました。 名と呪 ものづくりをするひとならだれでも、命名で悩んでしまうことがあるのではないでしょうか。私なんかは、好きな曲を集めたプレイリストの名前をつけるのでさえも悩んでしまいます。この、名づけるという行為について考えました。 数年前から『陰陽師』シリーズにハマっています。安倍晴明はものの名を呼ぶだけでそれに呪(しゅ)をかけてしまいます。命名によってオブジェクトの在り方を定める、つまりモデリングをしているかのようです。さらに、『カードキャプターさくら』では、さくらはカードの名前を当てることによってオブジェクトをこの世に見出しています。 ファンタジーの世界では、かなり本格的に名前がその在り方を

2020年4月29日

デザインについて

プロフィール

yumemi

UIデザイン、サービスデザインをしたり、iOSアプリを個人開発したりしています。